文字数カウントプラグイン

アイキャッチ

kintoneの文字列1行、文字列複数行、リッチエディターフィールドの文字数を計測し、エラー判定まで行うプラグインです。

文章作成や試験対策などで、文字数を気にすることはありませんか?このプラグインを使って、kintoneの活用の幅をもっと広げていってください。

概要

計測対象の項目に文字が入力されると、自動で文字数がカウントされます

決められた文字数を超えた場合は、フィールドの周りが赤く表示されるため、わかりやすいです。

文字数を超えた場合には、保存時に確認やエラーを表示できます。

  • 保存できる
  • 保存できない
  • 保存するかどうかの確認画面が出る

という3パターンから選べますので、ご都合に合わせて設定してください。

(参考)確認表示

(参考)エラー表示

対象項目や上限文字数、エラー表示の処理などは、プラグインの設定画面から簡単に設定できます。

利用シーン

  • 文章作成時に、文字数を目安として知りたい場合
  • 文字列複数行やリッチエディターで、最大文字数以上は入力させたくない場合
  • 記述試験対策などで、決められた文字数の範囲で文章を書きたい場合
  • 特定のフォーマットにあわせるため、文字数を確認したい場合
  • 要約や簡潔な文章を書く場合など、一定の文字数内におさめたい場合

設定手順

kintone環境にプラグインを導入する

  1. 右上の歯車マークをクリックし、[kintoneシステム管理]をクリックします。
  1. [kintoneシステム管理]画面から、その他の「プラグイン」をクリック。
  1. [プラグイン]画面より「読み込む」をクリックします。参照からプラグインデータ(zip形式)を選択します。
  1. 読み込んだプラグインに選択したプラグインが表示されます。
  1. 適用するアプリを開き、アプリ一覧画面の右上にある歯車マークをクリックします。
  1. [設定]タブから[カスタマイズ/サービス連携]を探し、「プラグイン」をクリックします。
  1. 追加するをクリックします。
  1. 設定するプラグインのチェックボックスにチェックをし、右下の追加をクリックします。

プラグインの設定を行う

  1. プラグインページから「文字数カウント背景色設定プラグイン」の歯車マークをクリックします。
  1. プラグインの設定画面で、「カウント対象のフィールド」(文字数の計測対象)と、「表示対象のフィールド」(計測した文字数を表示する場所)を選択します。
  1. 設定後、一番下の保存ボタンをクリックします。
  1. 最後に[アプリの設定]ページで「アプリを更新」をクリックします。

注意点

  • 無料でご利用いただけます。
  • スマートフォン版にも対応しています。
  • サポート等の有償保証をご希望の場合、対応いたします詳細はお問い合わせください。
  • kintoneのアップデートに応じたバージョンアップ対応は行ってまいりますが、有償保証のお客様を優先対応いたします。
  • カウント対象のフィールドとして設定できるのは「文字列1行」「文字列複数行」「リッチエディター」です。
  • カウントした文字数を表示できるフィールドは「文字列1行」です。
  • サブテーブル内のフィールドには対応しておりません。

リリースノート

2024/05/27 Ver.1.1 リリース

  • 機能改善
    • 文字数上限を超えた場合にエラーとする、入力チェック機能を追加しました。「保存できる」「保存できない」「保存するかどうかの確認画面が出る」の3パターンから選択できます。

2024/01/22 Ver.1.0 リリース


kintoneプラグイン利用申し込み

ご利用を希望される方は、下記フォームへ情報を入力して送信ください。送信完了後にダウンロードリンクが表示されます。